月別アーカイブ: 2015年9月

娘と3人の孫の行く末が心配

私は現在65歳、家族構成は妻一人、長男、次男、娘と孫が女の子3人の全部で8人です。関西に出て30年、田舎の両親は既に他界し
兄と妹がいますが、それぞれ嫁いで(兄は他県に養子に行った)いるので、田舎の実家には誰もおらず、私達8人が私の家の全てです。

そんな家族ですが、みんな何がしかの問題を抱えている中で、3人の娘の親である長女と3人の孫の行く末が心配でなりません。

というのは、娘は理由があってシングルマザーとなってしまい、元の連れ合いからの養育費ももらえず、自身働いてはいますが、小さい
子供を抱えた女性に世の中は厳しく、アルバイトしか働き口はありません。当然生活費は足りず、年金暮らしの私が月々援助していますが
それでも足りないので、妻や兄も何らかの形で援助し暮らしが成り立っているのです。

私もかなり厳しいのですが、一生懸命働き、子育てをしている娘をみると、何をさておいても助けなければと思います。

その他に、娘は子供の頃の母親との関係が原因とされる摂食障害(過食おう吐症)を患っており、本来は治療を要するのですが、時間が
ないのと、金銭的な事情により、通院出来ていません。

そんな娘、私はかわいそうで仕方なく、出来ることは何でもしてやるつもりで、実際しています。

でも、私も65歳、しかも四肢に障害があり、歩行がかなり不自由になって来たので、いつまでこれが出来るのか、誠に自信がありません。
いっそのこと、体が動く間に、何とか多額の保険を残せる方法がないものか等と馬鹿なことを考えたりもします。そんな時、いやいやまだ
方法はあるはずと思い直し踏ん張って来ました。

過って私がある病気にかかり、しばらく働けなくなった時期がありました。子供も小さく、私は人生に悲観し、悲嘆にくれたものでした。

しかし、人生すてる神あれば拾う神あり、いろいろな制度を利用して、何とか子供を育てました。

今もきっと何か方法があるはず、私はそれを信じて出来る限り頑張るつもりです。

現在まだあと少し残っているローンのある家を売ることも考えました。

少しでも一円でも多く残してやりたいと思い、今ローンが残っている状態で家を売ることができるのかどうか調べたりしています。

ローンのある家を売る

必死で生きている娘とその可愛い3人の孫たちの為に。